2017(平成29)年度 事業計画

1.活動方針

ビハーラ活動推進のため、次の事業を行う

(1) 人材養成をはかるための研修を実施する

(2) ビハーラ会員相互の交流をはかる

(3) ビハーラ活動の啓発と推進に努める

(4) ビハーラ活動の調査・研究を行う

(5) ビハーラ総合施設・西本願寺医師の会・本派関係高齢者施設連絡協議会との 連携をはかる

(6) 東日本大震災・平成28年熊本地震をはじめとする被災地の復興支援を行う

(7) 各組織関係団体との連携をはかる

2.活動項目

(1) 「第16回ビハーラ活動全国集会・30周年記念大会」の開催

(2) ビハーラにかかる法規の整備を検討する

(3) ビハーラ僧養成研修会(仮称)【試行】の開催
宗門総合振興計画推進事業の時代に即応するビハーラ活動者養成に資するため、医療や福祉の分野に専門性をもって活動できるビハーラ僧(仮称)の養成を行う

(4) 2018(平成30)年度に開講予定の第27期ビハーラ活動者養成研修会にあたり、現代社会に即したプログラムを策定する

(5) 宗門総合振興計画推進事業のビハーラ僧雇用協力病院・施設開拓のため、教区ビハーラ・西本願寺医師の会・本派関係高齢者施設との連携のもと、発掘に取り組む

(6) 宗門総合振興計画におけるビハーラトータルプランについて、現状を検証し、再構築を行う

(7) 認定ビハーラワーカーの検討

(8) ビハーラ活動推進委員会および専門部会の開催

(9) 教区ビハーラ代表者会の開催

(10)ビハーラ活動30年の総括に向けた活動調査・研究及び点検

(11)ビハーラ総合施設への支援
ビハーラ活動の教育・発信施設であるあそかビハーラ病院への支援として、ボランティア活動者・賛助会員の募集などを行う

(12)新たな中・長期計画の策定

(13)ビハーラ活動の推進を図るため、教区各種研修会等にビハーラ活動推進委員が講師として出向する

(14)各組織関係団体の連携
各組織関係団体(社推協・高施協・仏教婦人会・宗門関係学校など)との連携のなかで、宗門におけるビハーラ活動について協議・研究・提言をしていく

(15)門徒推進員とのより一層の連携強化

(16)各種資料・教材の作成

3.活動内容

(1) 第16回ビハーラ活動全国集会・30周年記念大会
【期  日】 2018(平成30)年2月17日(土)・18日(日)
【会  場】 本願寺・聞法会館・伝道本部他
【募集人数】 500名
【主  管】

第16回ビハーラ活動全国集会・30周年記念大会実行委員会

(ビハーラ活動推進委員会)

(2) ビハーラ僧養成研修会(仮称)【試行】
【期  日】  
  [前期基礎研修(座学を中心とした学習)]
    2017(平成29)年10月2日(月)~20日(金)
  [後期臨床実習(実習を中心とした学習)]
    2017(平成29)年12月4日(月)~2018(平成30)年2月27日(火)
【会  場】  
  [前期基礎研修]
    伝道院・ビハーラ総合施設(あそかビハーラ病院・ビハーラ本願寺)
  [後期臨床実習]
   

ビハーラ総合施設・三菱京都病院(緩和ケア)

常清の里(特別養護老人ホーム)他

【募集人数】  
  5名程度
(3) ビハーラ活動推進委員会〔第16回ビハーラ活動全国集会・30周年記念大会実行委員会〕(随時)

・教区におけるビハーラ活動の連絡提携に関すること
・人材養成のための研修に関すること
・ビハーラ活動の普及および啓発に関すること
・各組織関係団体との連携に関すること
・ビハーラ活動全国集会の開催に関すること
・宗門総合振興計画におけるビハーラ活動のさらなる展開に関すること
・専門部会や教区ビハーラ代表者会との連携に関すること
・その他必要になる事項について

(4)ビハーラ活動専門部会(随時)

・ビハーラ僧養成研修会(仮称)【試行】の内容について
・ビハーラ活動者養成研修会の内容について
・認定ビハーラワーカーの検討について
・第16回ビハーラ活動全国集会・30周年記念大会の内容について
・ビハーラ活動協力病院・施設開拓並びに連携推進について
・ビハーラ活動30年の総括について
・新たな中・長期計画の策定について
・その他必要となる事項について

(5)教区ビハーラ代表者会(2回開催)

・教区間の連絡提携に関すること
・ビハーラ活動推進委員会への提言に関すること

(6) 教区ビハーラへの助成金交付

・ 教区ビハーラ事務助成(10万円)

(7)教材・資料の作成

・ ホームページによる情報発信の充実

 
Pagetop