fontsize

2016(平成28)年度 事業計画

1.活動方針

ビハーラ活動推進のため、次の事業を行う

(1) 人材養成をはかるための研修を実施する

(2) ビハーラ会員相互の交流をはかる

(3) ビハーラ活動の啓発と推進に努める

(4) ビハーラ活動の調査・研究を行う

(5) ビハーラ総合施設との連携をはかる

(6) 東日本大震災をはじめとする被災地の復興支援を行う

(7) 各組織関係団体との連携をはかる

2.活動項目

(1) ビハーラ活動者養成研修会の開催
第26期ビハーラ活動者養成研修会(基本学習会・実習)を開催し、活動実践者の養成を図る

(2) ビハーラ連区研修会の開催
連区におけるビハーラ活動推進のため、活動者相互の学びを深めるとともに新たなビハーラ活動のあり方を探るべく研修会を開催する

(3) ビハーラ専門僧(仮称)の養成
宗門総合計画推進事業のビハーラ専門僧(仮称)の創出にかかる新たな研修体制策定ため、実践現場からの要請に応えるべく、龍谷大学大学院実践真宗学研究科やあそかビハーラ病院等との連携のもと、ビハーラ専門僧(仮称)の養成について専門部会を開催する

(4) 宗門総合計画推進事業のビハーラ活動協力病院の発掘(各教区1病院以上)のため、「医師の会」と教区ビハーラとの連携のもと、ビハーラ専門僧受け入れの協力病院等を発掘し、新たな活動拠点として地元の活動者を送るべく専門部会を開催する

(5) 認定ビハーラワーカー(仮称)の募集・認定

(6) ビハーラ活動推進委員会および専門部会の開催

(7) 教区ビハーラ代表者会の開催

(8) ビハーラ活動30年の総括にむけた、活動調査・研究及び点検を行う

(9) 門徒推進員とのより一層の連携強化

(10)ビハーラ総合施設への支援
ビハーラ活動の教育・発信施設であるあそかビハーラ病院への支援として、賛助会員の募集、僧侶研修制度の広報などを行う

(11)各組織関係団体の連携
各組織関係団体(社推協・高施協・仏教婦人会・宗派関係学校など)との連携のなかで、宗門におけるビハーラ活動について協議・研究・提言をしていく

(12)各種資料・教材の作成

3.活動内容

(1) 第26期ビハーラ活動者養成研修会
《目  的》 医療、福祉、在宅に於いて、病める人々やその家族により添い、宗教者の果たすべき役割を探求し、相手の苦悩に共感しできるビハーラ活動者を養成する
《募集人数》 50名
《開催期日》 基本学習会: 第1回 2016(平成28)年 5月25日(水)~27日(金)
    第2回 2016(平成28)年 6月28日(火)~30日(木)
    第3回 2016(平成28)年11月 2日(水)~ 4日(金)
    第4回 2017(平成29)年 3月 1日(水)~ 3日(金)
  実   習: 第1回 自主実習
    第2回 2016(平成28)年7月~10月(随時開催)
    第3回

2016(平成28)年10月~2017(平成29)年2月(随時開催)

(2) ビハーラ連区研修会
《開催期日》 2016(平成28)年度中
《助 成 金》 1連区に付き30万円

※ただし、第1連区については連区研修会開催担当教区並びに北海道教区にそれぞれ20万円を交付する

《主  催》 浄土真宗本願寺派 ビハーラ活動推進委員会
《主  管》 連区(北海道教区)
(3) ビハーラ活動推進委員会(2回開催)

・ 教区におけるビハーラ活動の連絡提携に関すること

・ 人材養成のための研修に関すること

・ ビハーラ活動の普及および啓発に関すること

・ 各組織関係団体との連携に関すること

・ 専門部会や教区ビハーラ代表者会との連携に関すること

(4) ビハーラ活動専門部会(随時開催)

・ ビハーラ活動者養成研修会の研修内容について

・ ホームページや資料等のビハーラ活動啓発について

・ ビハーラ専門僧(仮称)の位置付けや養成について

・ ビハーラ活動協力病院開拓並びに連携推進について

・ ビハーラ活動30年の総括について

・ 認定ビハーラワーカーの認定について

・ 次期ビハーラ活動中・長期計画の策定について

・ その他必要となる事項について

(5) 教区ビハーラ代表者会(1回開催)

・ 教区間の連絡提携について

・ 推進委員会への提言について

(6) 第16回ビハーラ活動全国集会実行委員会(随時)

・ 全国集会の開催準備について

(7) 教区ビハーラへの助成金交付

・ 教区ビハーラ事務助成(10万円)

(8) 教材・資料の作成

・ ホームページによる情報発信の充実

Pagetop