fontsize

ビハーラ啓発資料

「ビハーラ総合施設紹介リーフレット」

 浄土真宗本願寺派では1987(昭和62)年よりビハーラ活動に取り組み、京都府城陽市に仏教・医療・福祉が連携するビハーラ総合施設(あそかビハーラ病院・ビハーラ本願寺)を開設いたしました。
 現在、両施設ともビハーラ活動者養成研修会、龍谷大学などの教育機関の実習、教区ビハーラ活動の受け入れなどにも協力しています。

 今般、ビハーラ活動のさらなる展開に資するため、ビハーラ総合施設紹介リーフレットを作成いたしましたのでご紹介いたします。

 

 

「そばにいていいですか?」 

 今般、ビハーラ活動にあまり携わっていない方を対象とした、ビハーラ啓発資料を作成いたしましたので、ぜひご活用下さい。なお、この度作成した啓発資料は、変更不可としたPDFデータの他、一部変更を可能とするWordデータでございますので、使用目的に沿ってお使い分け下さい。

焦点ビハーラ活動

題      名 執 筆 者
新しいビハーラ活動の5つの方向性について 篁 俊男
龍谷大学におけるビハーラ活動者養成の試み 若原道昭
医療と宗教の関係 鍋島直樹
二十一世紀の宗門のビハーラ活動 原谷 晃
ビハーラ活動とNPO 野村康治
ビハーラ第11期の実習を受け入れて 瀧澤良子
ビハーラの現場活動とネットワーク 滝口隆誠
第6回ビハーラ全国集会in妙高高原を終えて 間山英雄
Let´sビハーラ
-ビハーラ活動者養成研修会に参加して-
友久久雄
私感「ビハーラ活動(運動)」
-21世紀の僧侶の姿勢とは-
松嶌澄雄
ビハーラ活動と北潟病院 北尾 武
ビハーラ活動者養成研修再開にあたって
-専門委員としての雑感-
西光義敞
ビハーラ活動10カ年の総括を終えて
-第11期生養成研修の再開にあたって-
大橋紀恵

 

Pagetop