2022(令和4)年度 事業計画

1.目 的

本協議会は、報恩感謝の心をもった仏の子の育成をめざし、施設間の交流を 通して研修、研鑽を重ね、施設職員の資質向上を目的とする

2.スローガン

ともに安穏、ホッとクラブ

3.活動方針

協議会の目的を達成するため、次の事業を行う
(1)児童福祉の向上のための事業
(2)施設職員の交流及び研鑽
(3)浄土真宗本願寺派の社会福祉関係者との連絡提携
(4)児童福祉についての研究及び提言
(5)前各号のほか、本協議会の目的達成に必要な事

4.活動項目

(1)児童念仏奉仕団への参加

(2)本山卒園参拝の企画

(3)オープンキャンパス(龍谷大学・相愛大学)への参加

(4)職員研修会の開催(本山・地方の年2回)

(5)オレンジリボン(児童虐待防止運動のシンボル)に関する取り組み

(6)活動への取り組み、協力体制を強化する
各会員施設の所属する教区(教務所)との連携を強化する。また各会員施設間の連携についても体制の構築を推進する

(7)会員・賛助会員の募集

(8)各種資料・教材の配付
施設利用者及び職員の伝道教化を目的として、書籍・施本等を配付する

5.活動内容

(1)児童念仏奉仕団

《目 的》 本派関係の児童養護施設児童が、西本願寺に集い、児童念仏奉仕団への参加し浄土真宗のみ教えにふれるとともに、交流を図る。
《開催期日》 2022(令和4)年7月28日(木)~29日(金)(1泊2日)
《会 場》 西本願寺等
《参加者》 各会員施設児童(対象:小学生) 40名(引率者含む)

(2)卒園参拝

《目  的》 本派関係の児童養護施設の児童が、卒園前に西本願寺に集い浄土真宗のみ教えにふれるとともに、交流を図る。
《開催期日》 2023(令和5)年3月中(1泊2日)
《会  場》

西本願寺・京都東急ホテル等

《参 加 者》 各会員施設児童 20名(引率者含む)
(対象:高校3年生または短大・大学生等で今年度卒園する児童) 

(3)オープンキャンパス(龍谷大学・相愛大学)への参加

《目 的》

宗門関係大学のオープンキャンパスに参加し児童養護施設出身者の進学支援を行う。

《開催期日》 2022(令和4)年8月上旬
《会 場》 龍谷大学・相愛大学
《参加者》 各会員施設児童(対象:中学生・高校生)15名(引率者含む)

(4)職員研修会(本山)

《目  的》

「御正忌報恩講法要(浄土真宗の宗祖親鸞聖人ご命日法要)」への参拝、及び、本派関係の児童養護施設職員として、浄土真宗のみ教えに基づき、互いの研鑽と交流を図る。

《開催期日》 2023(令和5)年1月11日(水)~12日(木)(1泊2日)
《会  場》 西本願寺等
《内  容》 法要参拝、法話、講義、意見交換会

(5)職員研修会(地方)

《目  的》

本派関係の児童養護施設職員として、浄土真宗のみ教えに 基づき、互いの研鑽と交流を図る。

《開催期日》 2022(令和4)年6月23日(木)~24日(金)(1泊2日)
《担  当》 防府海北園(山口県防府市)
《参 加 者》 各会員施設職員 《内容》法話、講義、意見交換会

※2020(令和2)年度・2021(令和3)年度、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため延期

(6)オレンジリボン(児童虐待防止運動のシンボル)に関する取り組み
令和2年度に賛助会員として加入したNPO法人 児童虐待防止全国ネットワークと連携し、11月の児童虐待防止推進月間を基本として「プトラ×  プトリオレンジリボンクリアファイル」を調製し啓発活動を行う

(7)役員会の開催
◎2022(令和4)年6月23日(木)
 《内容》事業報告及び決算
◎2023(令和5)年2月
 《内容》事業計画及び予算
※その他必要に応じてWeb会議を開催する

(8)総会の開催
◎2022(令和4)年6月23日(木)
 《内容》事業報告及び決算
◎2023(令和5)年2月
 《内容》事業計画及び予算

(9)会員・賛助会員の募集
御正忌報恩講期間中の関連行事として、白洲境内地特設テントにおいて「宗門社会活動展」(社会部<社会事業担当>が所掌する各所属団体の活動紹介をパネル展示)を開催し、会員・賛助会員の募集・周知を行う

(10)各種資料・教材の配布
『仏教こども新聞』〔発行:仏教こども新聞社〕等

(11)その他
会員施設に対してアスクルカタログ割引サービスの案内

 

以 上

Pagetop